DVD/Blu-ray|TRANSFORMER

パリ、憎しみという名の罠

2019年2月2日レンタル開始
2019年3月2日発売

『あるいは裏切りという名の犬』のオリヴィエ・マルシャル監督作!フレンチ・ノワールの巨匠が贈る、待望の最新作が遂に登場!

『あるいは裏切りという名の犬』などのヒット作で知られる、現在のフレンチ・ノワール界最大の巨匠オリヴィエ・マルシャルの最新作が遂に日本上陸!フランスでは公開初日に8.2万人、初週末合計28.6万人を動員し、同週の初登場作品No1となった大ヒット作だ。フランス国内で実際に起きた二酸化炭素排出量規制枠の裏取引による巨額の脱税事件にインスパイアされ製作された本作。借金苦から取引に手を出した会社社長が、政府をだまし、大金と成功を手に入れながらも、裏社会のボスや警察に目を付けられ、引き返すことのできない世界へと足を踏み入れていく様子をスリリングに描いている。主人公アントワヌを『ピアニスト』『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』の名優ブノワ・マジメルが熱演。権力者でアントワヌを陥れようとする義父をジェラール・ドパルデュー、その他、ローラ・スメット、ミカエル・ユーンなど、フランスを代表する実力派俳優が集結している。

STORY|ストーリー
会社経営者のアントワヌは、多額の借金を抱え倒産の準備を進めていた。ある時、友人の会計士から会社のCO2排出枠が売れたと連絡が入る。これを機に、排出枠を海外と取引すれば税金が免除される制度を悪用し、脱税で稼ぐ方法を思いついたアントワヌは、仲間とともに数々の取引を成功させ大金を儲けるようになる。しかし、取引の元手として金を借りた人物は裏社会を牛耳るボスで、稼いだ金額の半分をよこせと彼を脅迫。さらに、アントワヌを毛嫌いする権力者の義父の密告により、警察の捜査の手も迫ってくる。絶望的な状況を抜け出そうともがくアントワヌだったが、動き始めた憎悪の連鎖は止まることなく、さらなる悲劇を呼び寄せようとしていた…。
CAST&STAFF|キャスト&スタッフ
製作マヌエル・マンツ『漆黒の闇で、パリに踊れ』
監督オリヴィエ・マルシャル『あるいは裏切りという名の犬』
脚本オリヴィエ・マルシャル/エマニュエル・ナッカチェ
原案アリ・ハイディ
撮影アントニー・ディアズ『そして友よ、静かに死ね』
編集ジュリアン・ペラン/ラファエル・ユーティン
音楽エルワン・クルモルヴァン『あるいは裏切りという名の犬』
出演ブノワ・マジメル『ピアニスト』/ジェラール・ドパルデュー『あるいは裏切りという名の犬』/イディル・チェンダー『ベイルート』/ローラ・スメット『イヴ・サンローラン』/ミカエル・ユーン『シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』
VIDEOGRAM|DVD/Blu-ray 情報
DVD
レンタル用品番TMSD-461 POS4522178012365
販売用品番TMSS-396 POS4522178012389 ¥3,800(税抜)
仕様104分 / カラー / 片面1層 / 画面:16x9シネスコ / 音声1:フランス語ステレオ 2:日本語吹替ステレオ 字幕1:日本語字幕 2:吹替用字幕
INFORMATION|作品情報
2017年フランス・ベルギー / クライム / 原題:CARBONE
(c)2016 – LES FILMS MANUEL MUNZ – EUROPACORP – NEXUS FACTORY – UMEDIA – Tous droits réservés.

GENRE

RELEASE MONTH